おりあーの長期投資と趣味のブログ

おりあーの長期投資にみんなが付き合ってくれるブログ。

ソーシャルレンディングのリスク

ソーシャルレンディングを使って資金を目的外に流用したとして、業界最大手のmaneoと、同社を通じて投資家から資金を集めた「グリーンインフラレンディング」を相手取り、投資家が約11億円の損害賠償を求める訴訟を起こしました。

 

 

maneoよ、マネーを返せ

 

 

日経新聞(20119/3/8)によると、グリーン社は自然エネルギー分野への融資名目で出資を募りましたが、実際には集めた資金をグループ会社に貸し付け、本来の目的と異なる事業などに使っていました。

 

 

現在は出資者への利息配当や償還が滞っているとのことです。原告は、仲介したmaneo社の資金管理にも問題があったために損害が発生したとして、maneo社も訴えるようです。

 

広がるソシャレン

 

 

ソーシャルレンディングはクラウドファンディングの一種で、ネットを介して小口投資できる手軽さから人気を集めています。企業としては、既存の金融機関から融資を受けられない場合などの有力な資金調達手段ともなっています。

 

 

しかし、市場の拡大に伴い、虚偽の説明での投資勧誘や分配金の不払いなどのトラブルなども相次いでおり、金融庁が業務改善命令や業務停止命令を出したケースなどもあります。

 

仮想通貨の一件と似てない? 

 

 

おりあーはソーシャルレンディングをやったことはないのであまり偉そうなことは言えませんが、今回のケースって、仮想通貨の流出の話に似てますよね。その事業に関する市場や規制が整っていないという意味で、です。

 

 

仮想通貨の時も、本来資金を別の口座に分けておかなければならないのにしていなかったとか、セキュリティを守っていなかったとか、最大手の若い会社がいい加減なことをしていました。新しい技術なので、最初のうちはだいたいこうなのかもしれません。

 

 

こういった問題が明らかになっていく過程で、市場や規制ができていくものだと思います。そういう意味では、新しいものに手を出すのはリスクが伴いますね。ただし参入者が少ないので、当たれば大きい…仮想通貨がまさにそうですね。

 

クラウドファンディングのはしり

 

 

クラウドファンディングも、リスク自体はあるものだと思います。本当に優良な事業になりそうであれば、銀行から低い利息で融資を受けられるはずです。でも、起業家の思いが銀行に理解を得られないので、クラウドに頼らざるを得なくなります。多分、クラウドファンディングって最初は、出資する人はお金儲け目的ではなかったんじゃないかな?

 

 

例えば、アマチュアや人気の無くなった歌手がいて、ファンは一定層いるんだけど、CDの発売までには至らない…。でも、歌手はCDを出したいし、ファンはCDを出してほしい。こんな時にクラウドファンディングを活用して、ファンが投資という形でお金を出してあげる、儲けなんてのは多分意識していないような投資です。それで歌手はCDを出して、売り上げの一部を気持ちとして還元する。

 

 

最初はきっとそんな感じだったと思います。ですから、おりあーがジャズギタリストとしてCDを出したいと思って、読者の皆さんが出資してくれればおりあーもCDデビューできるわけです。みなさん、どうですか?もっとも、この前youtubeに音源をアップしてみたところ、再生回数が1で止まっているので、売れる見込みはありません。maneo以上にリスクの高い案件です。

 

 

やっぱりまだリスクは高いと思います。

 

 

 

何が言いたいかというと、そもそも投資としてはリスクがまだ高いんじゃないな、って話です。貸倒率~云々とか、そういう数字以上に、です。

 

 

CDデビューとかいう話じゃなくて、事業として計画してるのに、銀行以外から融資を募るにはそれ相応の理由があると思います。例えば、環境に配慮したビジネスなんかはもっともですね。事業として見返りは小さいけどエコだから、銀行は理解してくれないけど、世界中の環境意識の高い投資家は応援の気持ちでお金を出してくれますね。

 

 

一方、当然詐欺みたいなのものだったり、事業としてお話にならないものも多いと思います。そういうのを見極めて扱わないようにするのが仲介会社の役割ですが、仲介会社が信頼できるかどうかは時間がたって実績が伴ってこないと判断できません。

 

 

なので、まだ投資に値するようなものではないのではないかと、未経験ながら思います。投資するならSBIのような、大きな看板があるとこかなー。

 

 

ですが、ソーシャルレンディングは、少なくとも仮想通貨よりはポテンシャルを秘めていると思います。しっかりその事業の内容と将来性を見極めて行いたいですね。

 

 

そのうちおりあーも挑戦するかもしれません。少額で。( ˘ω˘)