おりあーの長期投資と趣味のブログ

おりあーの長期投資にみんなが付き合ってくれるブログ。

仮想通貨が引き出せない?

日経新聞(2019/2/10)によると、カナダにある仮想通貨の交換会社で、顧客全員が仮想通貨を引き出せない事態に陥っているようです。その額、なんと150億円( ゚Д゚)

 

 

 パスワード?

 

 

なぜこんな事態になったのでしょうか。

 

 

理由は単純で、仮想通貨の出し入れの際に必要なパスワードがわからなくなったからだそうです。では、なぜわからなくなったのか。

 

 

パスワードを知っていたのは創業者のみで、その創業者が不運にも旅行中に亡くなったそうで…。

 

 

( ゚Д゚)え、そんなことある普通!?

 

 

創業者が亡くなったのは気の毒だと思いますけど、自分に何かあった時のことって考えておくでしょう、普通…

 

 

通貨を引き出せない顧客も迷惑だし、対応する社員も困っているはずです。

 

 

創業者は自分が亡くなった後のことはどうでもよかったのか…。それとも、よっぽど何も起こらない自信があったのか。

 

 

共有化の大切さ

 

 

 ちょっと脱線します。

 

 

別に創業者じゃなくたって、組織にいる以上は、自分に不測の事態が生じた場合のことは考えておくべきです。

 

 

もし自分が明日高熱で休んでもいいように、重要な書類などの場所は周囲の職員に伝えておく、自分しかわからないような顧客とのやりとりがあったらメールで知らせておくとか。必要なことですよね。

 

 

いわゆる、「情報の共有化」ですね。「見える化」も同じかな。

 

 

自営業や、成績を競い合う個人プレーの営業の世界は別として、基本的に仕事はチームで連携してやるものだと思います。

 

 

仕事でも協力を頼んだ方がいいものは周囲に協力を依頼すべきです。逆に、いつでもそういう頼み事をしやすいように、自分も普段から周囲に気を配ってあげるべきです。

それがおりあーの課題です(小声)

 

 

決して、「自分一人でやってるんだ」とか、「他人の仕事は自分には関係ないんだ」と思わない方がいいと思います。いざという時困ります。

 

 

仕事を共有化してないとね 、困りますよ。たとえば、朝上司に、

 

 

「すいません、今日風邪で仕事休みます。あ、A社との交渉、全然報告してなかったんですけど、今日契約日なので、課長行ってもらえますか?」

 

 

「おまえ、そういう大事なこと、今日ゆうか!(小声)」

 

 

って怒られます。

 

 

セキュリティとのバランス

 

 

 

さて、通常の仕事であれば情報の共有化は大事です。

 

 

しかし今回の場合は、パスワードですので、機密事項です。確かに、あまりに情報を共有しすぎると、セキュリティの問題が出てきます。

 

 

組織の中に悪い人はほぼ必ずいますから、一人で管理した方が安全かもしれません。

 

 

ですが今回のように、その一人に何かあると大変です。幹部の複数人で管理するか、人に頼らないシステムを構築する必要があります。

 

 

この記事が数日前なので、今はどうなっているかわかりませんが、解読できたというニュースがないので、きっと解読班が必至にパスワードを解き明かしているのでしょう。

 

 

おりあーは「初恋の女性の名前」じゃないかと踏んでいます。

 

 

仮想通貨はどうなの?

 

  

さて、日経の記事の見出しは「仮想通貨 新たな死角」と銘打っていますが、今回の件は創業者の怠慢によるところが大きく、仮想通貨そのものの信頼性に関係ないと思います。

 

 

しかし、おりあーは仮想通貨は手を出すべきだと思っていません。それ自体は何か価値を生み出すものではないからです。ゲームセンターのメダルゲームくらいに考えています。

 

 

(少額でゲーム感覚でやるくらいならいいと思いますよ?)

 

 

一方、決済手段としては可能性があると思います。ですが、決済手段なら激しく価格が変動するのは不便ですから、やはり使いたいとは思いません。

 

 

まとめ

 

 

今回の件は、ー(気の毒には思いますが)創業者が無責任だっただけでー、仮想通貨そのものの信頼性に関わる話ではないけど、そもそも仮想通貨自体が中途半端な存在なのでやめておいた方がいいよ。あと仕事はチームでやろう、って話でした。
(まとまってないまとめだ…)