おりあーのニンマリ投資ブログ

おりあーの長期投資にみんなが付き合ってくれるブログ。

独断によるジャズの入門用アルバム3選(聴きやすい)

シェア投資Funds(ファンズ)

おりあーが、超独断でジャズのアルバムを紹介します。

 

 

 

おりあーは趣味でジャズを演奏しています。楽器はギターです。

 

 

大学の時にジャズサークルに入って演奏していました。今は少しご無沙汰ですが、たまにお店のセッション何かに参加しています。

 

 

普段はジャズを良く聴きますが、知識はありません(-_-;)

 

 

普通プレイヤーはジャズの歴史やいろんなプレイヤーの音源を聞いて研究するものなのですけどね。あまりそっちには興味がわかないのです、なぜか。

 

 

そんな知識の無いおりあーですが、プレイヤーにもリスナーにもオススメの、入門用アルバムを紹介したいと思います。

 

 

ジャズの楽しみ方

 

 

 

紹介する前にそもそものジャズの楽しみ方です。ま、あまり深く考えずにまず聞いてもらっても結構です。Youtubeにたくさん上がってますので、まずは体感してもらうのもいいかも。

 

 

ジャズの醍醐味はアドリブですね、即興演奏。その曲特有のメロディー(テーマ)を演奏した後、アドリブに入ります。これは、どんな演奏をするか決まっていないのです。そのプレイヤーによって様々です。

 

 

だから、同じ曲でもプレイヤーによってどんな解釈をして演奏するのか違いを楽しむのも一つです。火を吹くようなアドリブをする人もいますし、あくまでクールに演奏する人もいます。

 

 

あと、ジャズのリズムは4ビートがメインになります。聞いてもらわないとわからないのですが、ただの4拍子じゃなくて、若干リズムがスイングするのです。ああ、この辺は説明が難しいです。ドラムが「チーンチキ、チーンチキ」ってことです。

 

 

このリズムの取り方もプレイヤーや年代によって違ったりします。やっぱりリズムに乗ってジャズを聞くのが一番楽しいところだと思います。

 

 

「セッション」は見てほしい

 

 

ジャズを扱った映画というのもたくさんあります。あと、ジャズの有名な曲は映画のテーマ曲だったりするのです。

 

 

なので映画とジャズは相性がいいのですが、見てほしい映画があります。有名な作品ですが、「セッション」という鬼コーチとドラマーの青春(?)映画です。これは本当に面白い!レンタルで借りてぜひ見て下さい!内容はあえて言いません!

 

 

ではようやくオススメに移ります。おりあーは有名なアルバムとかをチェックしていないので、すごい独断で多分マニアックなものです。ご了承ください。

 

 

①「It’s a good day」by Cyrille Aimee

 

 

まずは男性にも女性にもオススメできるアルバムです。シリル・エイメーさんはボーカルの方で、ドミニカ人とフランス人のハーフです。

 

 

いわゆるジャズの歌ものって、黒人女性のドスの聞いた歌声のイメージがあるのですが、この人はさわやかーな、透き通る声の感じです。歌唱力だけでなく、スキャット(楽器の声帯模写)もすごいハイレベルです。

 

 

このCDのバックはギターの人がたくさんいて、ジャズギターも聞けるしジプシーギターも聞けるし、ギターバトルのような演奏も聞けるのです。ベースとボーカルのデュオも入っているので、いろいろお楽しみがあります。

 

 

おすすめの1曲は、旅に行った気分になれる「One way Ticket」。スキャットも圧巻!

 

 

聴きやすいので、ジャズボーカルの入門用としては最適だと思います。これでジャズボーカルに興味をもったら、王道のエラ・フィッツジェラルドを聞いたりするのもいいかも。

 

 

②「The Latin Bit」by Grant Green

 

 

男の子にはこれがおすすめ!(男女関係なく聞いてほしいのですが)

 

 

Grant Greenはギタリストで、おりあーのアイドルです。音使いがブルージーで、とにかく渋い。自分の道を進んでいる感じがします。

 

 

割とシンプルなフレーズが多いのですが、リズム感がすごいので、フレーズにとても説得力があります。あと同じフレーズを何度も繰り返す(俗に「レコードの針が飛んだ」と言われる)シーケンスフレーズも見事です。

 

 

このアルバムはラテンの曲を集めたアルバムで、全体的に明るくてとても聴きやすいです。リズムはラテンですが、アドリブに入るとなぜか4ビートになるので(笑)、グラントグリーンのいぶし銀なギターが堪能できます。本当に歌心のあるギターです。

 

 

おすすめの1曲はグラントグリーンが大好きなおりあーでも

 

 

いやもういいよ!( ゚Д゚)

 

 

ってくらいグラントグリーン節が堪能できる「Tico Tico」。

 

 

同氏のアルバムでは他にも「Feeling the spirit」や「Green Street」もおすすめ。

 

 

 

③「My Foolish Heart」by Eddie Higgins & Scott Hamilton

 

 

大人の女性にはこれがオススメ!あと家に女性を招いたときの男性諸君にもおすすめ!

 

 

実はプレイヤーに関しては良く知りません汗。

 

 

とにかくオシャレで聴きやすいアルバム。一般に「ジャズ」って言うと、こういうバーとかでかかってそうなオシャレなものを想像すると思います。このアルバムはその王道です。イージーリスニングとかに近いかもしれません。

 

 

こういうのって、頑固なジャズ好きの人からは敬遠される嫌いがあったりしますが、おりあーは好きです。フレーズが洗練されているので、勉強にもなりますしね。

 

 

おすすめは超スタンダード、「Night and Day」です。これはおりあーがこの曲が好きだからw

 

 

この3枚あたりが入門としてはすごくいいのかな、と思います。リンクとか貼ってなくてわかりにくいですね、すいません(__) 

 

 

コピーして検索するか、プレイヤー名をYoutubeで検索して聞いてみるのもいいと思います。

 

 

一般的な入門CDはロリンズの「サキコロ」とかです。それはそれで聞いて下さい。(ソニーロリンズのリズム感すごいよ!)